膝が痛い、股関節が痛いなど足に関する痛みに悩んでいる時、その痛い所をどうして改善しようと考えがちです。

しかし、それはもとはといえば、間違った歩き方、過負荷な無理のある足の使い方が原因で起きているケースが、実はとても多いのです。

貴方は、ご自身の歩き方に問題があるのかもと思われたことすらないかもしれません。

しかし、スポーツをはじめ、箸にも理にかなった正しい基本やフォームが存在するよう、やはり足にも骨格構造上、自然に負荷のかかったフォーム(歩き方)があります。

これを生体構造力学(バイオメカニクス)といいます。

本来人間は、自然治癒力を備えており、自然に傷などは治っていく私どもが、長患いをする裏には、このような間違った動きという生活習慣の問題が潜んでいます。

とりわけ足は身体全体を支えているので、その間違いの影響は足といわず、身体全体に影響を及ぼします。

下記は間違った歩き方が原因で生じる可能性のある健康障害です。

観て頂きご理解いただけるように、その影響は健康障害だけでなく、足が太い、お尻の広がり
や垂れる等の外見上にも大きく及ぼしています。

ですが、ご覧いただいた状態に対して「歩き方がおかしなせいかも」と気が付いたしても、その歩き方の間違いを改善及び指導を行ってくれる施設はあまりないと言っても過言ではありません。

おおかた都心部に美を謳ったモデルウォーキングを指導する教室が存在する程度。

足の問題を改善するためには、理論的な証拠がある、健康のための歩行指導を教える教室が必要となります。

当院で指導している歩き方は「ゆるかかと歩き(ネイティブウオーキング)」といいます。
それは、「屈曲歩行」と「二軸歩行」を基本に人体の骨格構造上あるべき自然な姿の歩き方。

ネイティブウオーキング協会代表の中島武志先生が、足の問題の根本的な解決方法を研究し、進める中でアメリカ足病医学との出会いがきっかけで、その考え方を基本にこの歩行指導メソッドを開発されました。

施術の現場において実際に足の症状にお悩みの方々のご協力を得、繰り返し試み完成させたメソッドです。理論上正しいだけではなく、その改善実績も確実なものがあります。

 

加えて、それまで数十年も継続してきた歩き方を変更することは簡単ではありません。
しかし、その指導方法にもオリジナルのメソッドが構築されています。

当然その方の努力は必要ですが、そのことにより80歳以上のご年配の方々や杖が必要なお方でも習得が可能です。(実績あり)

足にトラブルを抱えた方であればなおさら、今までの歩き方とは全く異なる歩き方を実感するのが特徴です。

とはいえ、殆どの方が初めて体験された日に、理論に基づいた歩き方による「驚愕的なまでの足の軽さに」驚かれています。

是非一度、ご体験の上、実感して頂ければ幸いです。