私どもは皆様のお身体を改善する為、諸々な手法を取り入れ、多種多様な取り組みを行っています。

そしてその根本にある基礎的な考え方は「人の体には自然治癒力が備わっており、常時回復しようとしている」というものです。

 

一例としましては、膝にすり傷をつくり、血が出てきても、放っておくと いつの間にか 元通りに治ってしまう。

これが、人が持っている自然治癒力の働きです。この働きは、見ることが出来ない体の内部でも。同様に常時体は治ろうとしています。

その為、がんなど進行性の病気、遺伝性、ウイルス性と呼ばれるものを省けば、あなたがお困りの症状は総じて、基本的には時間が経過すれば回復して行きます。

それでは、一例としましては肩のこりや腰の痛み、ましてや外反母趾なども当てはまりますが、どうして回復しないで長い患いとなる、慢性病と呼ばれるものが存在するのでしょうか?

それは、前述の自然治癒力の考え方から説明すると、できかけたかさぶたをはがす行為と同じく「治ろうとする力を超え、常時患部に負担を掛ける悪い状況を続けている」としか、思いつきません。

例を挙げると、糖尿の治療中なのに、糖分の多い食べ物をドカ食いし続けているなどが挙げられます。

その状態を肩のこりや腰の痛みなどの外部疾患で言い換えると、「体に負担のかかる立ち方・歩き方などの悪い生活習慣を継続している」と言っても過言ではありません。

 

こういった話をすると、「なるほど!」と納得される方も見受けられますが、案外多くの方が「いいえ、自分は姿勢などについては、注意を払っている」とおっしゃいます。

あなたに今一度考え頂きたいのは、「正しい姿勢や歩き方を教えてもらったり、習ったりした事があったかどうか」です。

だいたい、正しい姿勢や歩き方の正しい知識がなければ、正しようはありません。

そうなのです。そこで殆どの方は、きちんと正しい姿勢や歩き方について指導を受けた経験はなく、ネットやSNS、雑誌、TV等の情報や何気なく良いのではと感じた、根拠もない情報を参考に注意していたことに気が付くのです。

ネットやSNSの情報のほとんどは出どころが不明で根拠のない、無責任ともいえる情報も沢山あります。

テレビの情報に於いても、スポンサー企業などの考えが影響しているなどで、正しい情報だけとは言い切れません。

 

それらのことから、仮に正しいと思っていた姿勢や歩き方がもし間違えていたとしたならば。

どれほど体が回復しようとしても、それが原因で日々かかる負担がもとで引き戻され、無限のループ。そうして慢性の症状が出来上がるのです

これら症状が長患いの原因となりえるのです。

その中でも歩き方は、多くの方が教えて頂くチャンスのないものです。

習えるところが仮にあっても、おおかた都会に美を意識した、モデル歩きが習える教室が存在する程度です。

だから、外反母趾やひざの痛みなど、足の疾患を長く患っている方がとても多いのです。

 

既にお分かりのように、仮に皆様が足に関する諸々の症状の根本的な改善を望まれるなら、歩き方という生活習慣に関する問題の改善が必要不可欠です。

 

したがって私どもは、足の医療の先進国アメリカの足病理論や生体構造力学を基盤に、体に負担が少なく、理にかなった歩き方を研究の上、習得しやすい教え方も兼ね添え、せいつうすることに。

このように私どもの改善プログラムは、現況の改善において「整体施術」と、それらの改善状況を保ち再発しないための、歩き方を主要とした「生活習慣指導」の二本の軸を「真の意味での根本的改善を目指す治療院」とし、お体にお悩みを持つ方々の回復に力を注いでいます。